本文へスキップ

離婚(慰謝料・婚姻費用・養育費・財産分与)のご相談は 今野・高島法律事務所 へ

0120-114-679
(新規ご予約専用・通話無料)

千葉県柏市千代田1-2-51エスティビル3階

財産分与detail

財産分与について

 財産分与とは、夫婦の婚姻期間中に築いた財産の清算を行うものです。

 婚姻期間中に築いた預貯金、不動産、株式、自動車、生命保険などの財産を、原則として夫婦間で2分の1ずつ分与しなければなりません。現在では、妻が専業主婦の場合であっても、特段の事情がないかぎり夫婦半々の財産分与を行わなければならないものと解されています。

 もっとも、財産分与の対象となるのは、「婚姻期間中に夫婦で築いた財産」に限られますので、例えば、夫婦のどちらかが婚姻以前から保有していた財産や、婚姻期間中に相続を原因として取得した財産などは、いわゆる特有財産として、財産分与の対象とはなりません。

 また、夫婦の財産形成において一方に積極的な寄与が認められる場合には、それに応じた清算が必要になります。

 特に注意が必要なものとして、住宅ローン付き住宅の清算があります。住宅ローンの残額を踏まえて住宅の現在価値を算定する必要があるほか、売買契約時の頭金をどちらがどれだけ支出したかや、既に夫婦が別居している場合には別居後の居住形態や支払状況なども考慮していく必要があります。

 財産分与の計算は、財産の種数によっては非常に複雑になりますので、ご不明点がございましたら遠慮なくご相談にいらしてください。