本文へスキップ

離婚(慰謝料・婚姻費用・養育費・財産分与)のご相談は 今野・高島法律事務所 へ

0120-114-679
(新規ご予約専用・通話無料)

千葉県柏市千代田1-2-51エスティビル3階

養育費detail

養育費とは

 離婚時に未成年の子がいる場合には、親権などと同時に、子の養育費についても取り決めておく必要があります。

 養育費は、主に、父母双方の収入と支出や子の年齢を基準として定められます。
 支払期間は、原則として20歳までとされていますが、子が大学等へ進学した場合など、支払期間が伸縮される場合もあります。

 また、離婚後に、養育費の金額を見直すべき事情の変化があった場合には、養育費の増額又は減額を請求することができます。

 養育費は、協議離婚の場合と調停離婚・裁判離婚の場合で定め方が異なります。
 協議離婚の場合は、夫婦間の合意や、離婚給付等契約公正証書において定めることが一般的です。
 調停離婚・裁判離婚の場合は、離婚と同時に裁判所で定めることになります。
 また、離婚時に養育費の取り決めをしなかった場合は、養育費調停などを利用して養育費を取り決めることもあります。
 このように、事案に応じて適切な方法選択が必要です。