本文へスキップ

離婚(慰謝料・婚姻費用・養育費・財産分与)のご相談は 今野・高島法律事務所 へ

0120-114-679
(新規ご予約専用・通話無料)

千葉県柏市千代田1-2-51エスティビル3階

面会交流detail

面会交流について

 夫婦に未成年の子がいる場合には、親権者とならなかった親と子の面会方法について定めることができます。
 親権者でなくても、子どもにとって親は唯一無二の存在であり、良くも悪くもその影響は大きいと言わなければなりません。そのため、離婚に際しては、子どもの今後の成長を見据えて、非監護親との面会方法について考えていく必要があります。
 子どもとの面会を実施するかどうか、その回数や方法をどうするかについては、「子の福祉」すなわち子どもの利益を最優先に考えなければなりません。
 離婚時であれば、協議離婚の交渉や離婚調停の中で、離婚後であれば面会交流調停などの方法で、適切な子どもと非監護親との関係を定める必要があります。