本文へスキップ

離婚(慰謝料・婚姻費用・養育費・財産分与)のご相談は 今野・高島法律事務所 へ

0120-114-679
(新規ご予約専用・通話無料)

千葉県柏市千代田1-2-51エスティビル3階

慰謝料detail

慰謝料の請求

 夫婦のいずれか一方に離婚の原因があり、そのことで他方が精神的な苦痛を被った場合には、慰謝料の請求が認められます。  代表的な例としては、夫婦の一方が不貞行為(浮気、不倫)をしたことにより離婚に至ったようなケースや、ドメスティックバイオレンス(DV)のケースなどがあります。

  慰謝料は、精神的損害という目に見えない損害に対する賠償であるため、明確な証拠が必要となる場合が多く見られます。「間違いなく浮気をしている」と思っても、客観的な証拠がないと請求が認められないことも多いです。

 また、慰謝料の金額は、離婚の原因、婚姻期間の長短、子どもの年齢などの様々な要素によって変わってきます。  当事務所では、事案に応じた慰謝料の金額の目安や、有力な証拠の集め方についてもご相談にアドバイスしております。

 なお、慰謝料は、原因となる行為があったことを知ったとき(例:相手の浮気が発覚したとき)から3年以内に請求しなければなりません。時間が経過すればするほど、事実関係が曖昧になり、証拠も散逸していきますので、注意が必要です。

★ポイント★
①慰謝料は、全ての離婚で請求できるものではありません。
②慰謝料請求では、明確な証拠がなければならず、有力な証拠を集めることが重要です。
③慰謝料請求は、原因行為発覚から3年以内に請求しましょう。

離婚の流れ
親権
養育費
面会交流
財産分与
年金分割
慰謝料
婚姻費用