本文へスキップ

離婚(慰謝料・婚姻費用・養育費・財産分与)のご相談は 今野・高島法律事務所 へ

0120-114-679
(新規ご予約専用・通話無料)

千葉県柏市千代田1-2-51エスティビル3階

離婚の流れdetail

離婚の方法

離婚をする場合、方法としては大きく3つの方法があります。

①協議離婚  夫婦が離婚に合意の上、離婚届を提出する方法。
②調停離婚  家庭裁判所の調停手続を利用して離婚する方法。
 夫婦の間に裁判所の調停委員が入って、話し合いを進める手続です。
③裁判離婚  離婚調停が成立しない場合に、離婚訴訟を行い、判決によって離婚する方法。
 離婚の条件も判決で定められます。 裁判上の和解が成立すれば「和解離婚」となるケースもあります。

 協議離婚(①)を目指して話し合いを続けることも大切ですが、離婚の条件について折り合わない場合には、むしろ調停離婚(②)や裁判離婚(③)の手続きを選択した方がスムーズにまとまることもあります。
 逆に、調停離婚(②)や裁判離婚(③)を選択すると不利になるケースもあり、そのような場合には、弁護士を代理人として選任し、当事者間の感情的な対立を避けながら協議離婚(①)を目指す方が有利な解決につながることも多いです。
 特に、裁判離婚(③)では、民法の定める離婚原因(民法第770条1項1号~5号)に該当する必要があります。このように、離婚においては、事案に応じて最適な手続きを選択することが重要です。
 なお、協議離婚(①)の場合には、公正証書を作成する場合もありますが、必要のないケースもありますのでお気軽にお尋ねください。

★ポイント★
①何が争点かをしっかりと見極め、不利にならない適切な離婚手続を選択する必要があります。
②離婚自体に争いがある場合、法律上の離婚原因があるかどうかの判断が大切です。
③協議離婚における公正証書の必要性は、事案によって異なります。

離婚の流れ
親権
養育費
面会交流
財産分与
年金分割
慰謝料
婚姻費用